ワーママとのび太の中学受験~仕事のこと、子育てのこと

ワーママとのび太の中学受験。母、発狂寸前!のび太の本気スイッチはいつ入るのか!

中学受験と親の学歴コンプレックスの関係

あくまで個人の意見だが、ムダにお金がある家庭は別として、一般家庭で中学受験をする子の親は高学歴か、学歴コンプレックスかのどちらかだと思う。

我が家は言うまでもなく、後者。いや、夫は違うから私だけ後者だな。

 

恩師がことあるごとに「子どもに何も残さなくていい。でも教育にだけはお金をかけてあげなさい。」とおっしゃっていた。 なるほどその通りだと思う。教養は盗まれることも減ることもない。

 

でも私は本当に子どもの教養のために中学受験をさせるのだろうか。

私は自分の生きたかった人生を息子に歩ませようとしているだけなのではないか。

 

夫は「目標を持つことは大事。どんな結果であれ、学びにつながる。」と言う。

そうだよね~。あんた、高校受験で落ちたことないもんね~✨有名大学出てるもんね~✨

大学名聞かれて「絶対知らないと思うけど~」とか前振りして答えたことも、急いで話題を変えたこともないよね~。

 

最終学歴は背後霊のごとく、一生涯付きまとう。 どんな素晴らしいキャリアであろうと、最終学歴がショボいと若干くすむ。

どうせなら強い背後霊に息子を守ってもらいたい。 それが親心というものだ。

 

とはいえ、息子にカツ❗を入れるたびに感じるモヤモヤは、『自分の人生の生きなおし』ではないかという罪悪感に他ならない。

でも敢えて言いたい。これは親心なんだよ~✨ 愛なんだよ~✨ってね。

 


にほんブログ村