ワーママとのび太の中学受験~仕事のこと、子育てのこと

ワーママとのび太の中学受験。母、発狂寸前!のび太の本気スイッチはいつ入るのか!

よっしゃーっ! 全国模試!!

来ましたよ!! 1か月ぶりの全国模試❗

このブログを始めるきっかけとなった『あの』伝説の総合点❗ その頃のブログ閲覧者はわずか5-6名ほどだったので、広くは知られておりませんが、来ましたよーーーっ
全❗
国❗
模❗
試❗


ブログ始めた頃は、

ここからうなぎ登りだ! おりゃぁああああ!!

ってね。
変なアドレナリン出てました。なんせ翌日のブログのタイトルは「作戦1 家庭教師を探してみる」だからね。

予定では「作戦2... 」「作戦3...」と素晴らしい勉強法とサクセスストーリーが続き、合格後には出版の依頼が来ちゃったりして~✴ なんて妄想が膨らんだもんよ。
しかーーし❗待てど暮らせど来ませんよ💦「作戦2」が❗

ええ、そうです。打つ手が ...ない❗❗

もうさ、何から始めたらいいか、、って、このとっ散らかりっぷり?
朝勉強するために早寝させたら寝坊し、夜にやろうかと思ったらうたた寝する。そんな状態で迎えたこの日。とりあえず、1日先延ばしにしてみた😅

社理については過去習ったことを完全に忘れてたね。記憶喪失かと心配になるぐらい💦💦
先ほど勉強し、ようやく8割戻りましたわ。
今、公園に遊びに行っちゃったから、夜に国語と理科でもやるかなあ。

これやると、今週の復習が十分出来ず、カリテも1日先延ばしになるんだよね。

この自転車操業なスケジュール、どうにかしないと‼



え、、お受験ママは「勉強しなさい」って言わないの?

2週間ほど前からブログを書くようになり、他の人のブログも読むようになったのだが、ある受験ブログを読んでビックリ👀

 

ご子息が上位校に合格されたと思われるお母様がですね、、、ご子息に「勉強しなさいと言った記憶がない」とおっしゃるのですよ。そしてご子息の通われる中学校のご学友の親御さん達も「勉強しなさい。」と言わない...とな。

 

あのぉーー、ワタクシが毎日言わせて頂いているお馴染みのセリフをですね...あろうことか言った覚えがないとおっしゃるわけですよ。

これはどういうことか皆目わからんのですが、どういうことでしょうか。

「さ、始めようか。」とか、「そろそろ時間よぉ!」もないってことですよね。

勉強『しなさい』ではなく、「勉強しろ!ゴラァ‼」と言ってるとか?(んなわけないか)

 

お母様‼ ご子息は神です!!! マジで。

いや、その中学校も然り‼ そこには神しかいない。そこに建っているのは校舎でなく、神殿だ!

 

...と興奮してしまったが、まさか中学受験する子ってそんな子ばかり? あれ? うちって場違い? とんでもないエリアに足踏み入れちゃった?

 

今、そんな気分です。。


にほんブログ村

ワーママだって輝きたい

一重まぶたの地味な顔立ちから、物心ついたときから玉の輿は諦めていた。いや、無謀にも玉の輿を狙ったこともあるが、天性のサゲマンゆえ、お相手の会社が倒産するなど不発に終わることが多かった。

 

そんな私にも少しの間、キラキラ輝いてた時期がある。

アメリカのクソ田舎の大学を卒業後、父親のコネで大きな総合商社に入社した時だ。当時、商社の女子社員は縁故入社が当たり前で、まわりは取引先の重役のお嬢様達ばかりだった。

男性社員はピッカピカの一流大学を卒業した選りすぐり。女友達にはずいぶん羨ましがられたものだ。同期の商社マンとの合コンセットの申し込みも絶えなかった。

当然私も商社マンの妻の座を狙っていた...ら、人生が全く違っただろうが、粗チ○のくせに女好き、おまけに低学歴というルックス以外なんの取り柄もない男に夢中になっていた。結局退職するまで、商社マンとは付き合えず仕舞いだったが、入社から退職するまでの2年半はとにかく楽しかった。序列社会、競争社会の上の層に君臨してきたみんなとの毎日は自分のグレードまでググーンとアップした気分だった。

 

その後、私生活ですったもんだあり、外資系IT企業に転職した。ITバブルの真っ只中とはいえ、その時代にIT企業にいたのは大企業のIT子会社からの転職者ばかりで、かなり地味...キラキラとは程遠かった。それでもいつしかそのメンバーと過ごす時間のほうが快適になり、もう20年近くこの業界にいる。

 

アメリカのクソ田舎で人種差別を受けながら送った留学時代を思えば、幸せといえるだろう。でもここに来て

「もう一度キラキラしたい。」

そう思うようになってきた。キラキラな人達に交わり、キラキラ気分を味わうのではなく、自分自身が本当にやりがいがあると思える仕事をしてみたい。

40代半ば過ぎでなに言っちゃってんの?って自分でも思う。親しい友達にも打ち明けたが、おかしな宗教にでもはまったかのような反応で、その話題になると具体的なことには一切触れてこない。気でも狂ったと思われているのだろう。そうでなければ、勘違い甚だしいと思われているのか、、、とにかくそんな反応だ。

 

それでも私は思う。定年なんて会社に決められず、自分がやりがいをもって出来る仕事を一生涯続けていきたい。そしてそこで一緒に仕事をする仲間にも自分の無限の可能性にワクワクして欲しいと、心からそう思うのです☺


にほんブログ村

中学受験と親の学歴コンプレックスの関係

あくまで個人の意見だが、ムダにお金がある家庭は別として、一般家庭で中学受験をする子の親は高学歴か、学歴コンプレックスかのどちらかだと思う。

我が家は言うまでもなく、後者。いや、夫は違うから私だけ後者だな。

 

恩師がことあるごとに「子どもに何も残さなくていい。でも教育にだけはお金をかけてあげなさい。」とおっしゃっていた。 なるほどその通りだと思う。教養は盗まれることも減ることもない。

 

でも私は本当に子どもの教養のために中学受験をさせるのだろうか。

私は自分の生きたかった人生を息子に歩ませようとしているだけなのではないか。

 

夫は「目標を持つことは大事。どんな結果であれ、学びにつながる。」と言う。

そうだよね~。あんた、高校受験で落ちたことないもんね~✨有名大学出てるもんね~✨

大学名聞かれて「絶対知らないと思うけど~」とか前振りして答えたことも、急いで話題を変えたこともないよね~。

 

最終学歴は背後霊のごとく、一生涯付きまとう。 どんな素晴らしいキャリアであろうと、最終学歴がショボいと若干くすむ。

どうせなら強い背後霊に息子を守ってもらいたい。 それが親心というものだ。

 

とはいえ、息子にカツ❗を入れるたびに感じるモヤモヤは、『自分の人生の生きなおし』ではないかという罪悪感に他ならない。

でも敢えて言いたい。これは親心なんだよ~✨ 愛なんだよ~✨ってね。

 


にほんブログ村

ワーママはとにかく忙しいのだ‼

昨日の仕事帰り、会社のエレベーターに乗ったら、去年結婚した女性社員から「実は来月から産休なんですぅ~」とおめでたい報告❤

「おめでとう❗」と優しく言う私に、同乗していた若手男性社員が「先輩もそのお腹はそろそろ産休じゃないですか?」と軽口を叩いてきた。ババアには何を言ってもセクハラにならないと思っているのだろうか。

数秒黙ってエレベーター内が十分冷えきったところで、「ん?? なんて??」と聞いてみた。冷えてたエレベーターが凍りついた。

 

就業時間後のワーママはとにかく忙しい。

エレベーターを降りたら、すぐに自宅に電話して帰宅時間を報告。息子は私の帰宅時間までの45分で、塾と学校の宿題を終わらせる。

私はそのままダッシュでショッピングセンターに行き、お肉やお総菜を買って、電車に飛び乗る。

最寄りの駅についたら家に直行。ジャケットだけ脱いで、ブラウスの上からエプロン代わりに大きなTシャツを着て直ぐに調理をする。ほぼほぼレンチンの私もお味噌汁だけは必ず作る。具はお豆腐に冷凍ホウレン草か、ワカメをブッこんだものが定番。早いからね✨

いい匂いがしてくると、息子の「お腹すいたーーっ」の声。温まったものから順に出していき、息子が食べ始めると同時に夫のおかず作りに取りかかる。息子も食べるようになったので、夫のためのもう一品が必要なのだ。

息子が8割食べ終えた頃に夫のおかずが出来上がり、私もようやく席につくことが出来る。『ながら』で聞いてた息子の話に適度に突っこみを入れながら、しっかり聞く。

しばらくすると夫が帰宅。ご飯の準備をして、私はこの時に一緒に食べる。

 

はぁ、書いてるだけでへとへと💦💦

 

ご飯が終わったらテーブルの上を片付けて、お風呂の準備。そして息子がお風呂に入るまでの間、1時間ほど勉強をみる。

息子のお風呂中は洗い物をしたり、洗濯をしたりと、これまた大忙しですよ💢

 

つまり、エクササイズする時間なんてねーんだよ、こっちは‼

早食いは太るとはよく言ったもんで、カワイ子ちゃんがひと口おかずを口に入れる間に、あたしゃご飯茶碗半分のご飯を掻き込める。

どうだ‼

 

ええ、ええ、そうですとも。妊婦並みに腹が出てますよ。じゃあ聞きますがね?  痩せたら口説いてくれるってのかい⁉ エレベーターで壁ドンでもしてくれるってか?

 

・・・ってキレてる間は痩せないよね。

はい、自覚してます😅

 


にほんブログ村

#ワーママ #ワーキングマザー

出生の秘密「僕は元々パパだった。」

先週息子が誕生日でした。

「お誕生日おめでとう🎉 生まれて来てくれてありがとう❤」と伝え、お腹の中にいた頃はママのお腹をたくさん蹴っていたんだよ~とか、逆子だったのに、生まれる前の週にでんぐり返りしたんだよ~とか、ママの栄養を全部あげて生まれて来たんだからね~とか、色々話していたら息子がひと言。

 

「僕はセーシだったんだよ。元々パパの方にいたんだよ。」

 

シーーーン。。夫婦で絶句。

 

「大丈夫、大丈夫! 生き物は皆そうやって生まれてくるんだから、いいんだよ。」と慰め(?)られました。 どうやら学校で習ったみたい。

 

そのあと、

「女子のチ○コはなんて呼ぶの?」

って💦💦 子どもなんだか大人なんだか。。

 

とにもかくにも、お誕生日おめでとう🎁🎂🎉

私もお母さん11才になりました。少しは成長したかなぁ。


にほんブログ村

賢い姑であれ

「お義母さんはダンナより私と仲がいいの🎵」というおめでたい嫁を見るにつけ、お姑さんの賢さに恐怖すら覚える。

そもそも生んでもいない嫁が我が子よりかわいいわけがない。しかし、成人して実家に寄り付かない息子に会うため、呼び水として嫁を使っているのだろう。なんと賢いことか。

 

先日あるママ友が「旦那の悪口はよその人には言えないじゃない?だからお義母さんに聞いてもらうの。」と言っていた。お姑さんはなんて返すのか聞いたら、「ほーんとあの子ってそういうところあるのよーっ!今度一緒にやっつけちゃいましょ‼」ですと、、、はーい、早速次のアポ確定❗ バカ嫁がかわいい息子を連れてきまーす❤ お姑さんの圧勝。

かわいい息子の悪口に反論することもなく、次のアポとりつけるとはね~✨ あんた、大したもんだよ。

 

そのママ友に関しては旦那の親に悪口を言う時点でバカ確定だが、こういう類の嫁はたいがい頭が悪い。話をしていてもとりとめがなく、何が言いたいのかさっぱりわからない。

でも性格は悪くない。かわいかったりもする。つまり私の友達には一人もいないタイプだ。

 

ヤバいっっ、仲良くなれないではないか❗

まぁ、息子は賢くて小生意気な子が好き・・・ってますます仲良く出来ないじゃん。

嫁と仲良くやるって中学受験よりハードル高そう。。


にほんブログ村